5月22日資格更新研修会(WEB開催)ポイント発行のお知らせ

2021年5月22日(土)に開催されました、京都支部主催資格更新研修会のポイントが発行されています。参加された方は、各自SOLTIにてお確かめください。
なお、適正に参加し合言葉を送信したにも関わらずポイントが付与されていない場合は、速やかに臨床発達心理士認定運営機構事務局(shikaku《アットマーク》jocdp.jp)にお問い合わせください。開催日より3ヶ月経過すると修正はできません。

2021年度 京都支部主催 資格更新WEB研修会「『外国につながる子ども』の発達支援」 実施ご報告

 2021年度 京都支部主催の第1回研修会を、2021年5月22日(土)に、同志社女子大学教授の塘 利枝子先生をお招きし、WEB研修会として開催いたしました。

 塘 利枝子先生は多文化・多言語環境で育つ子どもに関する研究の第一人者として、発達支援の助言者としてもご活躍しておられます。今回の研修会では、多様な事例をとおして理論的かつ実践的な理解と臨床的視点についてご講演いただきました。ご講演の最後に、参加者からの質問についても大変丁寧にご回答いただき、貴重な学びの機会をいただきました。
 ご講演では、外国につながる子どもの多様な背景と増加している現状を踏まえて、保育・教育の課題と支援について教えていただきました。発達支援のために基本となる理論とアセスメントの紹介があり、乳児期から青年期までの各時期にみられる問題と支援の在り方について学びました。さらに、「外国につながる子ども」を支援する際、対人関係・言語・教科学習・アイデンティティへの発達支援を行う視点が必要であると教えていただきました。今回のご講演から、私たちに求められる多面的な理解と発達の視点、総合的な支援を改めて考え確認する機会になりました。終了後の参加者アンケートからは、ご講演で教えていただいた具体的な支援例を今後の支援に活用したいとの声がたくさんあり、研修会が実りの多い機会であったと思われます。

 今年度の京都支部主催研修会は、2022年1月に第2回研修会を予定しておりますので、準備が整いましたら、HP等でご連絡いたします。
 会員の皆様には、各自WEB研修受講のための環境整備を行うことや、オンライン上の手続きや様々な操作に慣れていただくことなど、これまでとは違った形ではありますが、引き続き支部運営にご協力いただきますよう、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

【重要】5月22日第1回資格更新研修会(WEB開催)に参加予定の方へ:講義資料がアップされました

2021年5月22日(土)の第1回資格更新研修会(WEB開催)「『外国につながる子ども』の発達支援」の講義資料が、先にお送りしたURL(Googleドライブ)にアップされました。
参加予定の方は、各自でプリントアウト等していただき、ご準備をお願いします。

また、Zoomミーティングの事前登録が済んでいない方が複数名いらっしゃいます。参加を予定されている方は、必ず本日5月21日のうちに事前登録を済ませてください。ミーティングの事前登録が済んでいないと研修会に参加はできませんので、ご注意願います。

事前登録メールが届いていない場合は、まずはご自身の迷惑メールフォルダ等に振り分けられていないか、確認してください。
それでも届いていない場合は、至急支部ホームページお問い合わせフォーム、または支部アドレス info@jacdpkyoto.org までご連絡ください。その際、携帯電話のキャリアメールからお送りいただくと、支部アドレスから返信できないことが多発しております。ほかのアドレスで送っていただきますようご協力ください。

なお、事務局では研修会当日の対応ができません。悪しからずご了承ください。

【重要】5月22日第1回資格更新研修会(WEB開催)に参加予定の方へ

2021年5月22日(土)の第1回資格更新研修会(WEB開催)「『外国につながる子ども』の発達支援」に申し込まれ、参加費支払いの確認ができた方には、すでにZoomミーティングの事前登録メールをお送りしております。
事前登録メールが届いていない場合は、まずはご自身の迷惑メールフォルダ等に振り分けられていないか、確認をお願いします。

それでも届いていない場合は、支部ホームページお問い合わせフォーム、または支部アドレス info@jacdpkyoto.org までご連絡ください。その際、携帯電話のキャリアメールからお送りいただくと、支部アドレスから返信できないことが多発しております。ほかのアドレスで送っていただきますようご協力ください。

Zoomミーティングの事前登録が済んでいないと研修会に参加はできませんので、ご注意願います。

日本臨床発達心理士会京都支部 2021年度総会を開催しました

COVID-19感染拡大防止のため、今年度の総会は5月8日(土)にオンラインにて開催しました。
5月8日13:00時点で、京都支部会員数は223名、総会成立の定足数は112でした。オンライン総会の出席者14名と委任状提出106名の合計120名で、総会は成立しました。

議事については、事前に支部会員の皆様に郵送した資料の内容の通り、全て承認されましたことをご報告いたします。
また、WEB研修会の申し込み・参加費支払いの仕組みや、SOLTIへの研修ポイント登録についてご質問やご意見をいただきました。
今後しばらくは、会場に参集する形での研修会は難しい状況が続くと思われます。
京都支部として、支部会員の皆様にとって、WEBミーティングやオンライン決済が「使いやすい・わかりやすい」ものとなるように、工夫を重ねてまいります。
引き続き、支部運営にご理解ご協力を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

京都支部2021年度総会および第1回資格更新研修会(WEB開催)のご案内

2021年度(京都支部第7回)支部総会
■開催方法:Zoomを使用し、「オンライン総会」の形で開催します
■配信拠点:京都教育大学
■日時:2021年5月8日(土) 14:00~15:00
■議題:2020年度活動報告、2020年度決算報告、2021年度活動計画、2021年度予算案、その他
※詳細は、郵送される議案書をご参照ください。

【重要:総会の開催方法について】
今回の総会は、COVID-19の収束が見通せず再拡大も懸念される状況であることから、会場への参集はせずに、オンラインで開催します。以下の手順でご参加ください。

1 「委任状提出/オンライン総会参加申込フォーム」から、委任状を提出する もしくは オンライン総会への参加申込をする
日本臨床発達心理士会京都支部2021年度総会 委任状提出/オンライン総会参加申込フォーム
2 総会議案への意見を送信する
※オンライン総会に参加申込をした方は、事前にフォームからご意見を送信いただいても、当日にご発言いただいても、どちらでも構いません。
3 オンライン総会に参加申込をした方には、Zoomミーティング情報が届く
※総会の約1週間前に、接続テストの実施を予定しています。
4 5月8日に指定されたURLにアクセスし、オンライン総会に参加する

  

2021年度 京都支部主催 第1回資格更新研修会(WEB開催)
■研修テーマ:「『外国につながる子ども』の発達支援」
■講師:塘 利枝子氏(同志社女子大学 教授)
■日時:2021年5月22日(土)13:30~16:30(13:15 WEBでの受付開始)
■研修内容:「外国につながる子ども」という言葉は、外国人児童・生徒や外国にルーツをもつ子ども、日本国籍だが親の母語が日本語以外の子どもなど、多様な子どもを包括する言葉として使われるようになってきました。
「外国につながる子ども」は近年日本でも増加傾向にあり、保育・教育現場では、日本語学習や保護者とのコミュニケーションをはじめとするさまざまな問題を抱えています。特に年少者の増加傾向がみられる中で、乳幼児期からの発達支援が重要だと言われています。これらの子どもや保護者に対してどのような支援が必要なのでしょうか。乳幼児期から青年期前期までの発達段階をも踏まえながら、実際の保育・教育現場での調査をもとに、子どもたちの発達支援のあり方について考えます。

■ポイント数:1
■参加費:500円
■申込受付期間:2021年4月12日(月)~4月26日(月)
*対象は、京都支部会員の方に限定します。定員は設けません。
*期間外での申込受付はいたしませんので、ご注意ください。

■申込方法:
1.支部ホームページ<https://jacdpkyoto.org/>研修参加申込フォーム
2.支部研修申込専用アドレス<kensyu@jacdpkyoto.org>にメール送付
上記1または2、いずれかの方法で、①氏名、②登録番号、③所属支部、④所属先を明記の上、お申込みください。
なお上記のアドレスは、いずれも「研修申込専用」となっており、申し込まれましたら「申込受理」の返信があります。返信がない場合は支部ホームページお問い合わせフォーム、または支部アドレス<info@jacdpkyoto.org>宛にお問い合わせください。

■参加費納入の方法:
今回は、パスマーケット(Yahoo! JAPANが運営する電子チケット販売プラットフォーム)を使用し、事前に参加費を納入していただきます。
詳しくは、参加申込をされた方にお知らせします。

■留意事項:
・今年度会費が未納の方は、研修に参加できません。
・今回のWEB研修では、Zoomを利用します。Zoom利用環境が整っていることが、研修参加の条件になります。利用環境の整備は各自で行ってください。

■WEB研修での倫理的配慮:
WEB研修では、参加者に多くの倫理的配慮が求められます。申し込みをされる方は、以下の事項に十分留意してください。
1.WEB研修を受けられるのは、受講申し込みをした本人のみに限られます。本人の代わりに他人が受講したり、誰かを同席させて複数名で受講したりしてはいけません。
2.申込が受理された方には、講義や資料のリンク先のURLをお知らせします。その情報を他人に知らせてはいけません。
3.講義を撮影、録画、録音、公開してはいけません。
4.講義内容や配布資料を、SNSやブログなどで公開してはいけません。
5.配布資料の電子ファイルを他人に送信したり、コピーを他人に配布したりしてはいけません。
6.その他、倫理綱領に抵触した行為をしてはいけません。