SCERTSセミナー in Kyoto のお知らせ (臨床心理士会京都支部主催、日本臨床発達心理士会共催)

2016年6月23日
SCERTSセミナー in Kyoto のお知らせ (臨床心理士会京都支部主催、日本臨床発達心理士会共催)

【対象者】臨床発達心理士資格の有無にかかわらずSCERTSモデルの実践を学びたい方
*臨床発達心理士有資格者には2日間で4ポイント取得可能
【日時】概要・基礎理論(初級)コース
2016年8月6日(土)10時-17時・8月7日(日)9時-16時
実践(中級)コース
2016年8月8日(月)10時-17時・8月9日(火)9時-16時
【場所】京都教育大学藤ノ森キャンパス
【講師】SCERTSモデル研究会
吉田仰希(岩手県立盛岡みたけ支援学校奥中山校)
仲野雅史(東京学芸大学附属特別支援学校)
西山剛司(京都府立南山城支援学校)
【受講料】臨床発達心理士有資格者 4,000円/その他の方8,000円
【定員】60名
【申込先・締切】7月10日17時までに<scerts2016kyoto@gmail.com>にメールで申込
なお、講座の内容、参加資格、その他の詳細についてはこちらのご案内をいただき、申し込みをお願いいたします。

京都支部主催 事例検討会 「事例募集」のお知らせ

京都支部主催 事例検討会 「事例募集」のお知らせ
2016年6月9日

【日時】2016年10月1日(土)13:00~16:00(受付開始時間 12:30)

【会場】京都ノートルダム女子大学(京都市左京区下鴨南野々神町1番地)
【アクセス】地下鉄烏丸線「北山駅」1番出口から東へ徒歩7分(お車での来場はご遠慮ください)

【参加費】500円
【内容】 臨床発達心理的援助の事例検討(参加者全員 3時間 1ポイントを取得可能)

スーパーバイザー(SV)  荘厳 舜哉 氏(日本臨床発達心理士会幹事長)

1事例30分程度の報告に対してSVのコメント、および参加者とのディスカッションを行います。
*事例報告者には、規定による「講師料」が支払われます。
なお、終了後1時間程度(~17:30予定)、意見交換のための懇談会開催を予定しています。
ポイントにはなりませんが、時間の許す方は交流の場としてぜひご参加ください。

【事例応募方法】
京都支部ホームページ<http://www.jacdp-kansai.org/cn25/pg216.html>の問い合わせフォームからお願いいたします。
応募の際には、登録番号、氏名、所属、ご連絡先、事例の概要を記入の上、お申込みください。
なお、事例については「倫理綱領(http://www.jocdp.jp/shikai/cdp/05.html)」を参照され、適切な形での報告をお願いいたします。
当日、発表をお願いする事例は、応募事例の中から役員会で選考を行い、決定いたします。
お問合せ、ご相談についてもこちらのフォームからお願いいたします。
【応募締切】6月30日(木)
* 事例検討会「参加申込」に関しては改めて告知をいたしますので、今しばらくお待ちください。
以上

京都支部第2回(2016年度)総会・第1回資格更新研修会のお知らせ

京都支部第2回(2016年度)総会・第1回資格更新研修会のお知らせ
2016年4月11日
京都支部第2回(2016年度)総会
【日時】 2016年5月14日(土) 13:00~13:50(受付開始12:40より)
【会場】 京都教育大学(京都市伏見区深草藤森町1番地) F棟(共通講義棟)F16講義室
【議題】 支部役員、支部規約改正、2016年度活動計画、2015年度決算 2016年度予算、その他
【出欠および委任状】 郵送による案内状に同封のハガキで、出欠の連絡をお願いいたします。欠席の場合は必ず委任状を提出してください。
【議案への意見】 送付しております議案に、ご意見やご質問などがあれば、4月30日までに支部事務局にご連絡ください。関西5支部HP上の京都支部問合せフォーム<http://www.jacdp-kansai.org/cn25/pg216.html>、または支部宛てのメール<kyoto@jacdp-kansai.org>にお願いします。

支部主催 第1回資格更新研修会
【日時】 2016年5月14日(土) 14:00~17:00(受付開始13:40より)
【会場】 京都教育大学(京都市伏見区深草藤森町1番地)F棟(共通講義棟)F16講義室
【参加費】  500円
【講師】 相澤雅文氏(京都教育大学教授 前日本臨床発達心理士会京滋奈支部長)
【テーマ】 「学童期の発達の諸問題について」(3.0時間 1.0ポイント)
乳幼児期と比較し,学齢期はゆるやかな発達になるとされる。しかし,社会性の側面や子ども社会から大人社会への移行という側面を考えると,重要な発達課題をかかえる時期である。近年の幾つかの取り組みを紹介し考えてみたい。
【会場へのアクセス】京都教育大学ウェプサイトでご確認ください。
<http://www.kyokyo-u.ac.jp/access/access01/>< http://www.kyokyo-u.ac.jp/campusmap/campus01.html>
【参加申込】 4月30日までに以下のいずれかの方法で事前登録にご協力ください。「氏名」「登録番号」「所属」をお知らせください。(必須ではありませんが、スムーズな受付を行うために事前登録をお願いしております)
1.支部ホームページの問合せフォームから事前登録する。<http://www.jacdp-kansai.org/cn25/pg216.html>
2.支部アドレス<kyoto@jacdp-kansai.org>にメールで事前登録する。
3.支部事務局にはがき(総会出欠届け・委任状はがきと兼用)で事前登録する。
<〒616-0847 京都市左京区下鴨南野々神町1番地  京都ノートルダム女子大学 高井直美研究室気付 臨床発 達心理士会 京都支部事務局>

【求人のお知らせ】

2016年2月4日
【求人のお知らせ】
大津市職員(いじめ対策推進室非常勤嘱託職員)募集案内が届きました。
平成28年4月1日採用予定日で、応募締切2月29日(月)17時(必着)となっております。
詳細は、大津市HPで、ご覧ください(応募用紙等もダウンロードできます)。

第3回資格更新研修会(2月13日開催) 研修概要

2016年1月15日
第3回資格更新研修会(2月13日開催) 研修概要

先日、告知しました研修会について、トート・ガボール先生より概要をいただきましたのでお知らせします。
++++++++++++++
小学校入学後、言葉や学習及び行動の問題で支援が必要とされる子どもに対して、教育の枠の中で(先生方は一生懸命)支援されるが、実はその根は幼児期にすでにあり、その時期でのアセスメントが適切になされていないことが多くの場合ある。このことは、保育士・幼稚園教諭にとって、幼児の発達障害についてのアセスメントがかなり難しいことが関係している。小学校の先生は、就学前での子どもの情報を得ることなしに、入学後の短期間でアセスメントを行い、支援を行っていることがほとんどであり、本当にその子どもにとって必要な支援が行われているか疑問である。そこで、幼児期のアセスメントの方法及び就学前から小学校への継続的支援について話したい。
まず、アセスメントについては、尾崎康子ら(2014)のCHEDY幼児用発達障害チェックリストを紹介する。このスクリーニング検査により幼児期における発達障害の早期発見を行い、早期療育に繋げていく。研修会では、CHEDYのサンプルを持参し、実際に見ていただくことを考えている。
また、相模女子大学子育て支援センターにおいて行っているペアレントトレーニング及び発達体操を紹介し、感覚運動発達の様々な要因をチェックすることで発達障害を発見し、親に適切な情報提供、支援を行っていることも報告したい。
さらに、校内委員会の在り方、特別支援コーディネーターの本来の仕事とは?というところも話していきたい。
※トート先生はリハビリテーション専門家でもあります。
++++++++++++++
多数のご参加をお待ちしております。なお、事前参加登録にもご協力よろしくお願いいたします。

京都支部主催2015年度第3回資格更新研修会のお知らせ

2016年1月12日
京都支部主催2015年度第3回資格更新研修会のお知らせ
【テーマ】 「気になる」子どもに関する就学前の発達スクリーニング、 就学前機関と小学校の連携と情報交換の必要性について
【講師】 トート ガーボル(Toth Gabor)氏(相模女子大学 教授)
【内容】 近年、保育・教育現場において「気になる子ども」の増加が指摘されている。彼らの行動特徴として主に5つの因子が考えられる:多動性行動、感情のコントロール、自閉傾向、言語理解及び言葉の表現。専門家は彼らにどのように対応したらよいか、また就学前の発達スクリーニング検査及び就学前機関と小学校の情報交換・連携の必要性について考える。
【日時】 2016年2月13日(土曜) 13:30~16:30(受付開始時間 13:00)【会場】 京都ノートルダム女子大学
【参加費】 500円(当日受付にてお払いください)
【取得可能ポイント】 3時間 1ポイント
【参加申込について】 参加申し込みは必須ではありませんので申込手続きされていない方も当日受け付けます。なおスムーズな受付を行うために、事前申込を2月4 日まで受け付けております。ご協力をよろしくお願いいたします。
【申込手続き】  京都支部HPの問い合わせフォーム(「臨床発達 関西支部」で検索、関西5支部トップページ内)<http://www.jacdp-kansai.org/cn25/pg216.html>、または支部アドレス(kyoto@jacdp-kansai.org)にメールで事前登録する。登録時には①氏名、②登録番号、③所属支部、④所属機関等をお知らせください。

京都府立朱雀高等学校・京都府教育委員会主催 セミナーのお知らせ

2015年11月30日
京都府立朱雀高等学校・京都府教育委員会主催 セミナーのお知らせ
平成27年度文部科学省(委託事業)発達障害理解推進拠点事業 青年期の発達障害を理解するセミナー

演題:  「発達障害の子どもを育てる」ー思春期・青年期の子どもたちを対象としてー
演者: 十一元三 教授 (京都大学大学院医学研究科)
日時: 平成28年1月23日(土) 14:00~16:15(開場13:30)
場所: 京都教育文化センターホール
定員: 300名 (要申込・入場無料)申込フォームは朱雀高校HPにてご覧ください。
*なお、臨床発達心理士の資格研修ポイントにはなりませんのでご了承ください。

京都市立総合支援学校より平成27年度「4校合同研究発表会」のお知らせ

2015年11月28日
京都市立総合支援学校より平成27年度「4校合同研究発表会」のお知らせ
テーマ:インクルーシブ教育システムの構築に向けて~地域制の総合支援学校10年間の課題と展望~
日 時: 平成27年12月10日(木)~11日(金)
【1日目】  12月10日(木)14:00~17:00(受付13:30)
会 場: 京都市総合教育センター(京都市下京区河原町通仏光寺西入)
内容: 研究実践報告 「地域制の総合支援学校 10年の実践」、鼎 談 「インクルーシブ教育システム構築に向けて (仮題)」
招聘講師: 藤原 義博( 創価大学教授)、武藤 崇( 同志社大学教授)、下山 直人 (筑波大附属久里浜特別支援学校長)
【2日目】 12月11日(金)10:00~16:30 (受付9:40)
会 場: 京都市立地域制の総合支援学校4校(北総合支援学校、東総合支援学校、西総合支援学校、呉竹総合支援学校)
内 容:授 業 公 開 10:00~、分 科 会 13:30~16:30 (受付13:00)
申込方法、各校の分科会テーマ等はご案内HPをご覧ください。なお、臨床発達心理士の資格研修ポイントにはなりませんのでご了承ください。

京都支部主催2015年度第2回資格更新研修会のお知らせ

2015年9月29日
京都支部主催2015年度第2回資格更新研修会のお知らせ

2015 年12 月12 日に京都ノートルダム女子大学にて研修会を開催します。テーマ等は以下の通りです。
詳細は「京都支部information」にてご覧ください。

テーマ:「新版K式発達検査2001 を使った発達支援を充実させるために」
講師:清水里美氏(平安女学院大学准教授臨床心理士)
参加費:1000 円(当日受付にてお払いください)

研修のお知らせ(京都府)

2015年9月14日
研修のお知らせ(京都府)

京都府より、「発達障害専門職研修(ベーシック研修)」の開催についてお知らせが届いております。ペアレントトレーニングやソーシャルスキルトレーニングに関する研修ですので、ご興味のある方は、以下のPDFをご覧下さい。
なお、この研修については、臨床発達心理士の資格研修ポイントにはなりませんのでご了承ください。
案内文、開催要領、申込用紙は、京都支部トップページの右下、「京都支部information」のページからダウンロードできます。